FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
だから「育休=イクメン」はウソっぱちなんだ
某国会議員が妻の出産前後に異性と不適切な関係をもったとかもたないとか。
もし報道が本当だとしたら、スキャンダルで育休取得自体もつぶれてしまいそうで残念です。
本当は全く違う次元の問題なのに、ごっちゃにされて、「やっぱり国会議員の育休取得なんて言語道断」てなところに落ち着きそうで。
国を挙げて「男性も育休取得を」と叫んでおきながら、「じゃあ、自分から率先して取れば」と言われると、当の叫んでいる国会議員が「自分たちは特別なので・・・」といって逃げるという、「結局口先だけなのね・・・」と思ってしまう矛盾を、せっかく行動で率先垂範してくれそうだと期待していたのですが・・・
そもそも、男女共同参画といえば何でも「男性の育休取得」というのがおかしいんだと思います。
確かに、育休取得も重要な選択肢ではありますが、逆に、育休さえ取得すればイクメンであり相互扶助で男女共同参画なんだ、という図式が幼稚なんだと思います。
だから、どこかの首長は2週間育休を取ったと胸を張り、ある会社では男性社員全員に1日育休を取らせて、「全員取得」とアピールしています。
だから、(報道が事実であれば)今回の国会議員も「育休取る!」とアピールしながら、ウラでは出産前後という一番夫婦の絆が試されるときに、それを裏切る行為をしているわけです。
「育休とりゃいい」っていう風潮が、このニセ・イクメンを生んだといえるのではないでしょうか。
じゃあ、本当のイクメンとはどうなのか?
例えば、保育園の送り迎えを分担する、子どもが病気で保育園や学校を休む時に仕事を休んで子どもと一緒にいてあげる、食事の支度でも掃除でも子どもと遊ぶんだって、どれだっていいわけです。
でも、これらはちっとも評価されずに「育休取得!」ばっかりですよね。

面接や論作文において、もし「男女共同参画」や「男性の育児参加」、「最近の気になるニュース」などがお題として問われたら、こんな角度で答えてみてはいかが。

----------
採用前市役所職員研修センター
http://pre.siyakusyo.net/
「差がつく!市役所面接試験対策」サイト
http://siyakusyo.net/
メールマガジン「差がつく!市役所面接試験対策」
http://www.mag2.com/m/0001576409.html
ブログ「受験生が知らない市役所情報」
http://siyakusyo.blog.fc2.com/
お問い合わせメールアドレス
info @siyakusyo.net
(スパム防止のため@の前にワンスペース入れてありますので、とって入力ください)


スポンサーサイト
公務員はプライベートが命取り
とある県職員が、同性愛について否定的な内容をツイッターに投稿したところ、身元が割れて処分を検討されているそうです。
投稿の中で「なぜ同性愛であることを公表したがるんだ?」と言いながら、ご自身も「某県庁職員」とわざわざ「公表」されていたようで、ご自分の発した質問の答えはご自分が知っていたということのようです。

この1件はともかく、めでたく公務員になられたあかつきには、こうしたプライベートなブログやSNS関係は特に注意が必要です。
おそらく、研修でも口を酸っぱくして言われることと思います。

公務員は起きている時間の半分以上、思ったことも口に出せない「息苦しい」仕事をしているので、プライベートになると、ついハメを外したくなるのですが、そこが地獄の入り口です。
とはいえ、いつも自分を押し殺して、考えを出さずにいるというのも、後でイヤな形で爆発しそうでコワイです。
結局、公開しても誰からも文句を言われない「良識的」な考えを持っていればいいというわけです。
こんな「良識的」なオチでつまらないですか?

また、今回のケースのような「意図」がなくても、例えばある自治体の税務課の若手職員が、お昼のお弁当をスマホで撮ってブログで公開したところ、たまたま自席にあった書類も映り込んでいて、読まれてはいけない内容が読めてしまったということで処分されてしまった例もあります。

かくいう私自身、このブログで、役所の内部情報を発信しているので、内容には気を遣っています。
(というわけで、このごろ投稿が減ってすみません、という言い訳がしたかったのでした)

----------
採用前市役所職員研修センター
http://pre.siyakusyo.net/
「差がつく!市役所面接試験対策」サイト
http://siyakusyo.net/
メールマガジン「差がつく!市役所面接試験対策」
http://www.mag2.com/m/0001576409.html
ブログ「受験生が知らない市役所情報」
http://siyakusyo.blog.fc2.com/
お問い合わせメールアドレス
info @siyakusyo.net
(スパム防止のため@の前にワンスペース入れてありますので、とって入力ください)


「カジノ型」介護サービスについて、あなたは賛成ですか?反対ですか?
「カジノ型」介護サービスについて、あなたは賛成ですか?反対ですか?

私のメルマガや本講座でもいくつか演習している「答えにくい究極の選択」的質問や、「最近気になったニュースは?」の練習だと思って考えてみてください。
ちなみに前提知識として、この「カジノ型」介護サービスとは、高齢者向けの介護保険サービスである「デイサービス」(日中通所して受ける介護サービス)や介護予防教室で、お金を賭けないパチンコやカジノゲームを取り入れ、参加者増や介護予防効果を狙うという趣旨のものです。

さあ、あなたは賛成か、反対か、考えてみてください。











「模範解答は?」
ありません。
ただ、いつも申しておりますとおり、初めから折衷案、つまり
「射幸心(=ギャンブルにのめり込む気持ち)をあおらない程度に、内容をよく確認して実施すればいいと思います」
といった優等生的な答え方は、他のライバルたちに差がつかない答え方で、オススメできません。
ですから、賛成、反対、どちらでも正直に思った方で答え、その代わりにフォローを付け加える答え方がベストです。
つまり、賛成論であれば、賛成の考えと根拠を述べ、「ただし、ギャンブル依存症へのきっかけにならないよう、主治医やケアマネージャーなどの診立てや評価など、関係者による慎重なサポートが必要とは思います」
反対論であれば、「ただし、いつも同じような体操やレクリエーションでは飽きてしまうことは確かなので、ごくたまに「お楽しみ」として、そういう要素を取り入れるのは、効果的と思います」
など。

ちなみに、参考までに、市役所内部でこういう仕事をしてきた私から、うがったコメントをつけておきます(ただし、フレッシュじゃないので、面接本番では利用しない方がいいと思います)。

もともと、介護保険制度そのものが、一定の枠組みや基準だけ公が作り、後は提供者と利用者の契約で、その利用費用のうち一定割合を保険から給付される、という仕組みなのです。
ですから、サービス提供者も、NPOから営利企業まで、基準さえ満たせば参入は自由です。
というわけで、介護予防に役立つということで保険給付の適用になるなら、高齢者市場を刈り取るぞ、というパチンコ・ギャンブル業界は当然出てくるわけです。
今後は、「それなら株や先物だって脳トレだ」とか、「いやいやお見合いパーティこそ」など、いろいろな業種が参入してもおかしくないですね。
新聞報道によると、カジノ型を市主導で導入するほど積極的に活用しようという自治体もあれば、逆にカジノ型を規制する条例を制定する自治体もあるそうです。
そのうち、「隣りの市では介護保険でパチンコができるのに、ここの市はできないんですか!遅れていますよ!」なんてクレームが、お年寄りから寄せられるんでしょうか。
----------
採用前市役所職員研修センター
http://pre.siyakusyo.net/
「差がつく!市役所面接試験対策」サイト
http://siyakusyo.net/
メールマガジン「差がつく!市役所面接試験対策」
http://www.mag2.com/m/0001576409.html
ブログ「受験生が知らない市役所情報」
http://siyakusyo.blog.fc2.com/
お問い合わせメールアドレス
info @siyakusyo.net
(スパム防止のため@の前にワンスペース入れてありますので、とって入力ください)
最近関心のあるニュースは?~マイナンバーカード編
消費増税分の飲食料品分に軽減措置の実施にあたり、マイナンバーカードを利用させ還付するという案について、報道などで批判の声が伝えられています。

私も、大方の批判のとおり、国の都合だけを考え、現場を無視した煩雑な手続きを要する施策だなあと批判的に考えています。
消費者側も面倒だし、でもその面倒なことをしないと還付されないし、店側も面倒だし、誰が喜ぶ施策なんだろうか?と思います。
私が強調している「Win-Win」と真逆な気がします。

まあ、個人的な批判はネット上や報道に任せて、ここでは市役所職員の立場で、面接試験で問われる「最近関心をもったニュース」に利用する方法を考えます。

実は、煩雑で面倒で混乱した消費者やお店に説明をしなければならないのは、マイナンバーカードを交付する市役所になると思います。
その意味で、仕組みの面倒のしわ寄せを負わされる立場になるので、実務を想像するとウンザリですが、面接の場では、そこを課題として利用できます。
「今は、仕組みの煩雑さに対する批判が、国に向かっていますが、実際に運用が始まれば、説明したり広報等周知するということが、市に求められると考えています。考え出した国側と利用する側の市民の間に立って、わかりやすい説明に工夫しなければと考えています。」
などと、まだ職員になってもいないのに、自分のこととして問題意識を語れば、好感度アップ間違いなしです。

なにしろ、面接官をやっている受験先の市の幹部のお歴々は「また国が面倒なプランを考え出しやがって。こっちが迷惑だ」と思っていますから、そこへ「私が市民への説明を引き受けます」なんていってくれる受験者がいたら、頼もしいことこの上ないのです。

ここまで問題意識を持ち、実行まで考えている受験者をあえて落とすとしたら、それ以外に余程の致命的な失点がなければ、面接官としても落としたくないでしょう。

----------
採用前市役所職員研修センター
http://pre.siyakusyo.net/
「差がつく!市役所面接試験対策」サイト
http://siyakusyo.net/
メールマガジン「差がつく!市役所面接試験対策」
http://www.mag2.com/m/0001576409.html
ブログ「受験生が知らない市役所情報」
http://siyakusyo.blog.fc2.com/
お問い合わせメールアドレス
info @siyakusyo.net
(スパム防止のため@の前にワンスペース入れてありますので、とって入力ください)
暑いと感じたら・・・?
暑い日が続きます。

近所のスーパーマーケットに入ったら、売り場の入り口あたりに熱中症対策用の保冷剤が売り出されてありました。
商品のキャッチコピーは
「暑いと感じたらサインです」。

こんな真夏に暑いと感じない人なんているかや!?

・・・いた!

そう、お年寄りの一部で認知症の影響か、暑さを感じないと思われる人がたまにいます。

役所にも、猛暑日の昼下がりに、真冬の時とほとんど変わらない長袖の厚手の洋服を着て来庁する高齢者がいたっけ。

この季節、市役所の高齢者福祉部門の部署には、毎日のように高齢者の近隣や関係者から電話が入ります。
「隣のおばあちゃんを1週間前から見ていないんだけど、中で熱中症で倒れてるんじゃないかしら?心配だから見に来てくれませんか」
「デイサービスの送迎で朝迎えに行ったが、本人が出てこない。玄関はカギがかかっていて、でも中からテレビの音がする」
などなど・・・
それでも、日頃から近所づきあいやデイサービス・ホームヘルプサービスといった福祉サービスを定期的に利用している高齢者の場合、異変のキャッチが早いのですが。
「遠方の友人なんですが、久しぶりに電話したら何回かけても出ない。大丈夫だろうか」
こんな電話もよく入ります。
こういう連絡が入ると、状況を詳しく確認して、危険度合いを調べます。
まずは第一報の内容から、できるだけ詳しく、いつから見ていないか・連絡がとれていないか、親類はいるかどうかなどを聞き取ります。
そして本人宅では、呼び鈴を鳴らし、扉や窓から中の様子を探り、すべて施錠されていれば、新聞のたまり具合やテレビの音、照明、電気メーターのまわり具合などを丁寧に調べます。
まるで、警察や探偵みたいですね。
ちなみに、新聞が溜まっている、テレビや照明がついているなどは危険なサインです。中にいて動けなくなっている可能性が高いわけです。
もちろん、近所や友人が知らないうちに入院した、施設に入ったなどの場合もあります。これが一番ホッとするパターン。
また、呼び鈴やノックで本人が出てくることもありました。
普通にいくら呼び出しても出てこなかったのが、「○○さーん、安否確認のために合鍵で開けて入りますね!」と声をかけたとたん、「何ですか?」と出てくることもありました。
高齢者の引きこもりも多いのです。
本人と玄関先で立ち話をしながら、室内をチラ見すると、いわゆるゴミ屋敷に近い散らかりようで、窓には目張りまでしてあったりします。
これで猛暑日にエアコンもつけてなかったりするんです。

暑いと感じなかったらサインです。

----------
採用前市役所職員研修センター
http://pre.siyakusyo.net/
「差がつく!市役所面接試験対策」サイト
http://siyakusyo.net/
メールマガジン「差がつく!市役所面接試験対策」
http://www.mag2.com/m/0001576409.html
ブログ「受験生が知らない市役所情報」
http://siyakusyo.blog.fc2.com/
お問い合わせメールアドレス
info @siyakusyo.net
(スパム防止のため@の前にワンスペース入れてありますので、とって入力ください)


copyright © 2018 受験生が知らない市役所情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。