FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
感情を殺してしなければならない仕事
世間はメリクリでも、福祉の部門では、年末のような役所の長い休みの前になると、決まって虐待のような困難事例が動き出します。

今年も例外ではなく、高齢者の家族からの虐待報告が複数寄せられています。

一般的な見方からすると、か弱い高齢者が虐待を受けるなんて「かわいそう」と思われることが多いかと思います。

一方、仕事柄虐待ケースに具体的に関わっていますと、虐待をしている家族(息子だったり娘だったり)によると、自分も小さいころ、その親からひどい目に遭ってきた、なんて吐露されたりします。(配偶者への)DV、暴言、性的虐待など、今であれば児童虐待と言われる状況を強いられてきたわけです。

また、直接的な虐待ではなくても、アルコール依存、ギャンブル依存等で家族にろくに生活費も与えていなかったりというエピソードもよく聞かれます。

そんな話を聞くと、うちの若い職員なんかは「こんな好き勝手やってきて、そのツケがまわってきた時には、税金で救済するなんておかしいですよね」といった趣旨のことを言ったりしています。

確かにその気持ちもわかります。税金の使われ方を心配することも大事です。

しかし、制度上高齢者虐待防止法や老人福祉法で養護することとなっている以上、そうした感情は捨てて業務をしなければなりません。

確かに「かわいそう」という感情がエンジンになって福祉制度がよくなるという面もあります。

生活保護に代表されるように、方や「ギリギリの生活でかわいそう」という人もいれば、「働かずに生活できてズルい」という人もいます。

時にマスコミや市議会議員もそうした感情で行政を云々言います。

しかし、市役所職員であるならば、そうした感情で仕事をしてはならないと思います。

今まで一市民だった受験生が、採用試験に合格して市役所職員になる。

いままでの一市民だったときと、プロとして決定的に変わらなければならないのは、そこだと思います。

----------
市役所試験研究会公式サイト
http://siyakusyo.net/
メールマガジン「差がつく!市役所面接試験対策」
http://www.mag2.com/m/0001576409.html
ブログ「受験生が知らない市役所情報」
http://siyakusyo.blog.fc2.com/
お問い合わせメールアドレス
info @siyakusyo.net
(スパム防止のため@の前にワンスペース入れてありますので、とって入力ください)

スポンサーサイト
「格差社会」だからこそ平等な試験で市役所職員になろう!
最近のニュースで、60年前に産院で取り違えられた方で、本来であれば大学まで進学させてもらえる家庭環境だったはずが、取り違えられたために生活保護世帯で苦しんできたとの報道がありました。

今回の話題では「取り違えられた」ということに注目が集まっていますが、「取り違い」があろうがなかろうが、生まれてくる子に家庭環境を選ぶことはできないのは逆らえない事実です。

60年たった今の日本は、そういった「貧富の差」はどうなったのでしょうか?

いろいろな社会保障制度が整備されてきているはずですが、それでも「格差社会」と言われ、格差が縮まっているという実感はありません。

それでは、取り違いもなく「貧しい」家庭環境に生れ落ちてしまったら、あきらめるしかないのでしょうか?

わたしは、そういう環境の方こそ、市役所職員を目指してほしいと思います。

なぜなら、公務員は学歴に関係なく誰でも応募でき、同じ試験で人より高得点をとれば、なれるものだからです。

「え、公務員試験なんてウン十万かかる授業料払って公務員予備校に通わないと、とても合格できないのでは?」

確かに、私のまわりも公務員予備校出身者が多いことは事実です。

しかし、私自身は、日中は仕事しながら、当時3万円程度の通信教育教材を買って夜間と土日に勉強して、市役所職員になりました。

国Ⅰは別として、市役所であれば、働きながらでも休日中心の勉強でなんとか手が届く公務員だと思います。

一流大学出身者も、そうでない、どちらかというと学歴にはコンプレックスがある人も、市役所職員採用試験の土俵では同じです。市役所の職員になってしまえば、「格差」なんてリセットできます。あとはどれだけ役に立つ仕事をするか。

このブログやサイト、メルマガを通じて、そうした家庭環境にコンプレックスを抱いている方に、少しでも市役所職員に近づいていただければと、そして「格差」をリセットする方が一人でも増えるようお役に立てるコンテンツを提供していきたいとおもいます。

----------
市役所試験研究会公式サイト
http://siyakusyo.net/
メールマガジン「差がつく!市役所面接試験対策」
http://www.mag2.com/m/0001576409.html
ブログ「受験生が知らない市役所情報」
http://siyakusyo.blog.fc2.com/
お問い合わせメールアドレス
info @siyakusyo.net
(スパム防止のため@の前にワンスペース入れてありますので、とって入力ください)

copyright © 2018 受験生が知らない市役所情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。