スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
面接・論文問題「男女共同参画についてどう考えますか?」
わたくしごとですが、ウチの一番下の子が1週間も熱が下がらず、月曜から妻と1日おきに仕事を休んでおります。

何かと忙しい年度初めのこの時期に、2日も職場を空けると、机の上も自分自身の仕事の組み立ても非常事態宣言です。

「こうしよう」と描いていたようにはもはや仕事を進めることができず、質を落として必要最低限のことしかできません。

でも、子どもの病気でこういう状況になるのは今までも何度かあるので、何となく何とかなると思っています。

とはいえ、夕方に言われて「締切明日の午前中ね」という仕事については、家に持って帰ってやり、朝メールで職場に送りました。
個人情報を伴わない仕事は、家に持ち帰って「宿題」にするのもやむなし、と思っています。

市役所勤めのいいところは、こうした状況でこんな休みをとれるということ。
そして、職場から表だって非難されることもなく(内心はどうか知りませんが)、むしろ心配の声をいただけるぐらいです。

私は、一番上の子が生まれてまもなくのころ、育児休業も半年近くとりました。これも、市役所勤務だったからできたことだと感謝しています。

ところで、この頃は「イクメン」だとかがもてはやされ、やたらと男性の育児休業取得がチヤホヤされます。

私も、下の子のときに育児休業を取らなかったわけですが、そのことについて、男女共同参画の関係者から「なんでとらないのですか」と言われました。

ムムム、「育休が全てなんかーい!!!」

声を大にして言いたいです。

いっとき、どこかの自治体の首長が2週間育休をとったとかで、率先垂範を誇らしげにしていました。
そんな流れで、ある大企業でも「男性が育休100%取得」とかいって、でもフタを空ければみんな1日から1週間だったとか。そんなの育休ですか?

いや、1日でも半日でも育休は育休。問題は、そんな育休をとることが、男女共同参画なんですかと。

それよりも、夫婦で互いに仕事が忙しいところ、子どもの病気で看護のための休みをシェアしたり、学校参観や懇談会に出席したり、健診や予防接種に連れて行ったり・・・

そういう日常のさまざまな家事や育児を、ときには仕事を犠牲にして、夫婦でシェアすることが、地味ではありますが大事なことなんではないかと思っています。

以上はあくまで私なりの考え方ですが、あなただったら冒頭の設問に対し、どんな解答を用意できますか。

----------
市役所試験研究会公式サイト
http://siyakusyo.net/
メールマガジン「差がつく!市役所面接試験対策」
http://www.mag2.com/m/0001576409.html
ブログ「受験生が知らない市役所情報」
http://siyakusyo.blog.fc2.com/
お問い合わせメールアドレス
info @siyakusyo.net
(スパム防止のため@の前にワンスペース入れてありますので、とって入力ください)
スポンサーサイト
copyright © 2018 受験生が知らない市役所情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。