スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
だから「育休=イクメン」はウソっぱちなんだ
某国会議員が妻の出産前後に異性と不適切な関係をもったとかもたないとか。
もし報道が本当だとしたら、スキャンダルで育休取得自体もつぶれてしまいそうで残念です。
本当は全く違う次元の問題なのに、ごっちゃにされて、「やっぱり国会議員の育休取得なんて言語道断」てなところに落ち着きそうで。
国を挙げて「男性も育休取得を」と叫んでおきながら、「じゃあ、自分から率先して取れば」と言われると、当の叫んでいる国会議員が「自分たちは特別なので・・・」といって逃げるという、「結局口先だけなのね・・・」と思ってしまう矛盾を、せっかく行動で率先垂範してくれそうだと期待していたのですが・・・
そもそも、男女共同参画といえば何でも「男性の育休取得」というのがおかしいんだと思います。
確かに、育休取得も重要な選択肢ではありますが、逆に、育休さえ取得すればイクメンであり相互扶助で男女共同参画なんだ、という図式が幼稚なんだと思います。
だから、どこかの首長は2週間育休を取ったと胸を張り、ある会社では男性社員全員に1日育休を取らせて、「全員取得」とアピールしています。
だから、(報道が事実であれば)今回の国会議員も「育休取る!」とアピールしながら、ウラでは出産前後という一番夫婦の絆が試されるときに、それを裏切る行為をしているわけです。
「育休とりゃいい」っていう風潮が、このニセ・イクメンを生んだといえるのではないでしょうか。
じゃあ、本当のイクメンとはどうなのか?
例えば、保育園の送り迎えを分担する、子どもが病気で保育園や学校を休む時に仕事を休んで子どもと一緒にいてあげる、食事の支度でも掃除でも子どもと遊ぶんだって、どれだっていいわけです。
でも、これらはちっとも評価されずに「育休取得!」ばっかりですよね。

面接や論作文において、もし「男女共同参画」や「男性の育児参加」、「最近の気になるニュース」などがお題として問われたら、こんな角度で答えてみてはいかが。

----------
採用前市役所職員研修センター
http://pre.siyakusyo.net/
「差がつく!市役所面接試験対策」サイト
http://siyakusyo.net/
メールマガジン「差がつく!市役所面接試験対策」
http://www.mag2.com/m/0001576409.html
ブログ「受験生が知らない市役所情報」
http://siyakusyo.blog.fc2.com/
お問い合わせメールアドレス
info @siyakusyo.net
(スパム防止のため@の前にワンスペース入れてありますので、とって入力ください)


スポンサーサイト
copyright © 2018 受験生が知らない市役所情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。