スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暑いと感じたら・・・?
暑い日が続きます。

近所のスーパーマーケットに入ったら、売り場の入り口あたりに熱中症対策用の保冷剤が売り出されてありました。
商品のキャッチコピーは
「暑いと感じたらサインです」。

こんな真夏に暑いと感じない人なんているかや!?

・・・いた!

そう、お年寄りの一部で認知症の影響か、暑さを感じないと思われる人がたまにいます。

役所にも、猛暑日の昼下がりに、真冬の時とほとんど変わらない長袖の厚手の洋服を着て来庁する高齢者がいたっけ。

この季節、市役所の高齢者福祉部門の部署には、毎日のように高齢者の近隣や関係者から電話が入ります。
「隣のおばあちゃんを1週間前から見ていないんだけど、中で熱中症で倒れてるんじゃないかしら?心配だから見に来てくれませんか」
「デイサービスの送迎で朝迎えに行ったが、本人が出てこない。玄関はカギがかかっていて、でも中からテレビの音がする」
などなど・・・
それでも、日頃から近所づきあいやデイサービス・ホームヘルプサービスといった福祉サービスを定期的に利用している高齢者の場合、異変のキャッチが早いのですが。
「遠方の友人なんですが、久しぶりに電話したら何回かけても出ない。大丈夫だろうか」
こんな電話もよく入ります。
こういう連絡が入ると、状況を詳しく確認して、危険度合いを調べます。
まずは第一報の内容から、できるだけ詳しく、いつから見ていないか・連絡がとれていないか、親類はいるかどうかなどを聞き取ります。
そして本人宅では、呼び鈴を鳴らし、扉や窓から中の様子を探り、すべて施錠されていれば、新聞のたまり具合やテレビの音、照明、電気メーターのまわり具合などを丁寧に調べます。
まるで、警察や探偵みたいですね。
ちなみに、新聞が溜まっている、テレビや照明がついているなどは危険なサインです。中にいて動けなくなっている可能性が高いわけです。
もちろん、近所や友人が知らないうちに入院した、施設に入ったなどの場合もあります。これが一番ホッとするパターン。
また、呼び鈴やノックで本人が出てくることもありました。
普通にいくら呼び出しても出てこなかったのが、「○○さーん、安否確認のために合鍵で開けて入りますね!」と声をかけたとたん、「何ですか?」と出てくることもありました。
高齢者の引きこもりも多いのです。
本人と玄関先で立ち話をしながら、室内をチラ見すると、いわゆるゴミ屋敷に近い散らかりようで、窓には目張りまでしてあったりします。
これで猛暑日にエアコンもつけてなかったりするんです。

暑いと感じなかったらサインです。

----------
採用前市役所職員研修センター
http://pre.siyakusyo.net/
「差がつく!市役所面接試験対策」サイト
http://siyakusyo.net/
メールマガジン「差がつく!市役所面接試験対策」
http://www.mag2.com/m/0001576409.html
ブログ「受験生が知らない市役所情報」
http://siyakusyo.blog.fc2.com/
お問い合わせメールアドレス
info @siyakusyo.net
(スパム防止のため@の前にワンスペース入れてありますので、とって入力ください)


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 受験生が知らない市役所情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。