FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「カジノ型」介護サービスについて、あなたは賛成ですか?反対ですか?
「カジノ型」介護サービスについて、あなたは賛成ですか?反対ですか?

私のメルマガや本講座でもいくつか演習している「答えにくい究極の選択」的質問や、「最近気になったニュースは?」の練習だと思って考えてみてください。
ちなみに前提知識として、この「カジノ型」介護サービスとは、高齢者向けの介護保険サービスである「デイサービス」(日中通所して受ける介護サービス)や介護予防教室で、お金を賭けないパチンコやカジノゲームを取り入れ、参加者増や介護予防効果を狙うという趣旨のものです。

さあ、あなたは賛成か、反対か、考えてみてください。











「模範解答は?」
ありません。
ただ、いつも申しておりますとおり、初めから折衷案、つまり
「射幸心(=ギャンブルにのめり込む気持ち)をあおらない程度に、内容をよく確認して実施すればいいと思います」
といった優等生的な答え方は、他のライバルたちに差がつかない答え方で、オススメできません。
ですから、賛成、反対、どちらでも正直に思った方で答え、その代わりにフォローを付け加える答え方がベストです。
つまり、賛成論であれば、賛成の考えと根拠を述べ、「ただし、ギャンブル依存症へのきっかけにならないよう、主治医やケアマネージャーなどの診立てや評価など、関係者による慎重なサポートが必要とは思います」
反対論であれば、「ただし、いつも同じような体操やレクリエーションでは飽きてしまうことは確かなので、ごくたまに「お楽しみ」として、そういう要素を取り入れるのは、効果的と思います」
など。

ちなみに、参考までに、市役所内部でこういう仕事をしてきた私から、うがったコメントをつけておきます(ただし、フレッシュじゃないので、面接本番では利用しない方がいいと思います)。

もともと、介護保険制度そのものが、一定の枠組みや基準だけ公が作り、後は提供者と利用者の契約で、その利用費用のうち一定割合を保険から給付される、という仕組みなのです。
ですから、サービス提供者も、NPOから営利企業まで、基準さえ満たせば参入は自由です。
というわけで、介護予防に役立つということで保険給付の適用になるなら、高齢者市場を刈り取るぞ、というパチンコ・ギャンブル業界は当然出てくるわけです。
今後は、「それなら株や先物だって脳トレだ」とか、「いやいやお見合いパーティこそ」など、いろいろな業種が参入してもおかしくないですね。
新聞報道によると、カジノ型を市主導で導入するほど積極的に活用しようという自治体もあれば、逆にカジノ型を規制する条例を制定する自治体もあるそうです。
そのうち、「隣りの市では介護保険でパチンコができるのに、ここの市はできないんですか!遅れていますよ!」なんてクレームが、お年寄りから寄せられるんでしょうか。
----------
採用前市役所職員研修センター
http://pre.siyakusyo.net/
「差がつく!市役所面接試験対策」サイト
http://siyakusyo.net/
メールマガジン「差がつく!市役所面接試験対策」
http://www.mag2.com/m/0001576409.html
ブログ「受験生が知らない市役所情報」
http://siyakusyo.blog.fc2.com/
お問い合わせメールアドレス
info @siyakusyo.net
(スパム防止のため@の前にワンスペース入れてありますので、とって入力ください)
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 受験生が知らない市役所情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。