FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学歴不問:採用試験に合格すれば、今までの学歴はリセット

公務員試験のよさは、平等という点です。

つまり、例えば「大卒以上」という採用条件であれば、どこの大学出身でも、採用試験で一定点数以上であれば、公務員になれるということです。

これまで、子どものころから、小学校、中学校、高校、大学と受験勉強で難関突破してきても、「そんなの関係ない」。

逆に、受験に失敗したという思いで、出身校や学歴にコンプレックスがあっても「そんなの関係ない」。

役所の採用試験にさえ合格できれば、これまでの学歴なんて、まったく関係ないのです。

私の職場でも、東大・京大出身者もいれば、早慶上智でもMARCHでも日東駒専でも関関同立でもない大学の人も大勢います。

この学歴不問は、弁護士や公認会計士、医師なんかの世界もそうですね。

これが、民間企業(特に大手企業)では、そうはいきません。確かにSPIなどの入社試験を実施して、同じように平等のように見えますが、それとは別枠で、有名大学のOB推薦枠(いわゆる「OB訪問」してきた自分の大学の後輩を釣り上げる)があり、その残り枠というごく狭い門に、一般試験合格者が入れるという、「学歴重視」なのです。

ところが、公務員試験は、どこの大学も関係ありませんから、実力一本勝負なのです。もし自分の出身大学に劣等感をもっていたとしても、なんら心配ありません。

もちろん、めでたく採用されて職員となってからの昇進についても、同じです。

市長・副市長やその他幹部と同じ大学出身だからと出世コースになるのではなく、あくまで仕事ぶりや昇格試験という、能力主義であり、学歴は関係ないのです。
 

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 受験生が知らない市役所情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。