FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
失敗せよ。

面接試験において、失敗を恐れて守りの姿勢で臨むより、攻めの姿勢で差をつけようと申しております。


これは、実際の仕事の場面においても言えることであり、失敗を恐れて守りの仕事をするな、ということになります。


一つには、失敗から学び、経験を積むためであります。


そして、さらに踏み込んで、今回は「あえて失敗せよ」と言います。


「いくらなんでも言い過ぎだ」


そうです。公務員ですから、失敗しないよう最善の注意を尽くすべきです。


今回申しますのは、日常の仕事で、何も考えずこなしてしまうようなことにも、「失敗」(反省)を見出せ、というものです。


例えば、日常的な市民との窓口対応や電話対応で、ともすると忘れ去ってしまいそうなところから、意図的に「失敗」すなわち「反省点」を見出そうということです。


市民から文句を言われれば反省する、というのではなく、たとえ何事もないやりとりであっても、自分のとった判断、説明の仕方、その他の振る舞いが本当にベストであったか?何も言わなかっただけで、本当はその市民の方は、不満の気持ちで帰ったのではないか?


そういう不断の反省、改善の積み重ねで、自分の仕事のスキルそして職場の業務全体の向上を図りましょう。


「そんな毎日の一挙手一投足気にしていたら、気が狂いそうになる」


わかります。でも、自分を責める反省ではなく、今後よりよい業務にするための反省です。「次回同様のことがあったら、こうしてみよう」という前向きな反省です。


逆に、自分ではベストを尽くして対応したのに、相手が攻撃的に責めてきたようなときは、その場は反省などせず、数日後に気持ちが落ち着いたら、「あの時、もっとこうしておけば良かったのだろうか」と考えればいいでしょう。

----------
市役所試験研究会公式サイト
http://siyakusyo.net/
メールマガジン「差がつく!市役所面接試験対策」
http://www.mag2.com/m/0001576409.html
ブログ「受験生が知らない市役所情報」
http://siyakusyo.blog.fc2.com/
お問い合わせメールアドレス
info @siyakusyo.net
(スパム防止のため@の前にワンスペース入れてありますので、とって入力ください)

 

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 受験生が知らない市役所情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。