FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仕事を委託するときの礼儀
隣の係がまた電話で社協とケンカしてます。

その係の担当する高齢者福祉の業務の一部を、社会福祉協議会という、福祉を専門に取り扱う社会福祉法人(どこの市町村にもだいたいあるはずです)に委託料を払って受託してもらっているのですが、思ったとおりに仕事してくれないと、電話が終わったあとも文句を言っています。「こんなこともやってくれないんじゃ、委託料を払って委託している意味がない」と
か言って。

相手の社協の方も、こんな委託料じゃそこまでできないとか、委託契約上そんなことまですることにはなってないとか、いろいろ反論しているようです。

当の本人たちは真剣に「なんで言うとおりにやってくれないんだろう」と怒っていますが、傍から見ていると「もっと仲良くやればいいのに」と思ってしまいます。

行政のお仕事は、役所だけでこなせるものではなく、今の社協をはじめ、いろいろな事業者に委託などの形で参画してもらって成り立っています。

そうした業務上の不可欠なパートナーを「業者」扱いで「上から」な態度で接していると、相手も必要最低限の仕事しかしないどころか、冒頭の例のようによりよい業務の遂行と反対方向にエネルギーを使うことになります。そう、本来の共通の目的であるはずの福祉の増進とは真逆の方向に向かってしまう。なんと逆説的でムダなことか。

隣の係でも、その分フォローする方向に時間や労力を使うどころか、思い通りにならない社協への悪口を仲間内で競いあうことに時間と労力を浪費しています。それが仕事か!?

この事例をお読みになって、ではあなたが職員で同じ立場に置かれているとしたら、どうしますか?

----------
市役所試験研究会公式サイト
http://siyakusyo.net/
メールマガジン「差がつく!市役所面接試験対策」
http://www.mag2.com/m/0001576409.html
ブログ「受験生が知らない市役所情報」
http://siyakusyo.blog.fc2.com/
お問い合わせメールアドレス
info @siyakusyo.net
(スパム防止のため@の前にワンスペース入れてありますので、とって入力ください)
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 受験生が知らない市役所情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。