スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タメ口は使うな!
同じフロアの、障がい者福祉の課の窓口を通りかかったときのことです。
「これ、捨てといていい?」
と、窓口対応の職員が、窓口に相談に来ていた市民に対して言っているのが、耳に飛び込んできました。

職員は精神保健福祉士の資格をもつ若い女性で、相談に訪れていた市民は、その職員よりも見るからに年上の男性でした。

きっと、その2人の間ではそういう”くだけた”話し方でもいいのでしょう。

でも言いたい。

「どんなに親しくても、職員は市民に対してタメ口使うな!」

これは、以前私が勤めていた保健センターで顕著でした。
母子保健を担当する保健師が電話口で、相手のお母さんに対して平然とタメ口で話をしていました。

そういう「上から」な保健指導を受けたお母さん方から、「タメ口で話すな」と苦情の意見が寄せられることもしばしばでした。

それでも、一向に改善されません。
おそらく当の本人たちは、指導側と指導を受ける側というバリアをなるべく取り払って親しい友達のように話しているつもりなんでしょう。

お母さんのなかには、そのとおり親しみを感じてくれる人もいるでしょう。
でもやはり、いきなり初めての電話で市役所職員がタメ口きいてきたら、不快に思われるのはなんら不思議なことではありません。

そういえば、うちの課の職員も、窓口で高齢者の相談を受ける際に、やはりタメ口をよく使うのがいました。
施設の職員でもそうですよね。どうしても慣れてくると、親しみを込めてタメ口を使ってしまう。
でも、相手は本当に親しみを感じてくれているのでしょうか?

保健指導を受けるお母さんにしろ、相談する高齢者にしろ、たいてい「タメ口」職員より年上です。
年下の市職員にタメ口で話されて、親しみを感じるでしょうか?

また、相談業務に従事する職員は、相手の市民に対し、親身に相談になりながらも、一線は保たなければなりません。
そうしないと、プライベートな領域に深入りしたりされたりしてしまいます。
例えば、冒頭の若い女性相談員の場合、相手の男性に恋愛感情を持たれてしまう可能性も高まります。
(現に、保健センターの保健師(女性)が、相談業務でかかわっていた市民(男性)に、教えてもないのに実家まで押しかけられるという、ストーカーまがいの事例もありました)

これから市役所職員を目指す方にとっては、「市民に対してタメ口なんて信じられない」と思われるかもしれませんが、特に保健師や社会福祉士、精神保健福祉士などの資格を持っている人や、あるいは指導する仕事、相談を受ける仕事が担当になる人は、よくよく肝に銘じておかれたいと思います。

----------
市役所試験研究会公式サイト
http://siyakusyo.net/
メールマガジン「差がつく!市役所面接試験対策」
http://www.mag2.com/m/0001576409.html
ブログ「受験生が知らない市役所情報」
http://siyakusyo.blog.fc2.com/
お問い合わせメールアドレス
info @siyakusyo.net
(スパム防止のため@の前にワンスペース入れてありますので、とって入力ください)
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 受験生が知らない市役所情報 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。